Topics | 東京でバイオリンの修理、調整ならリューテリアガンへ。バイオリン製作もお任せください。

バイオリンが素敵な時間を演出する

Topics

category: blog news

初級バイオリンセット限定販売

2017年02月18日

初級バイオリンセット1setの限定販売

内容:バイオリン本体「王志明工房2016年製」
   弓ブラジル製
   ケースバイオリン軽量ハードケースOBL-200
         肩あて KUN Coussin Repliable
       松脂 MILLANT-DEROUX FRANCE
         限定1setの特別価格¥210.000-+消費税

category: news

バイオリンケース20%OFF販売中!

2017年01月30日

バイオリンのケース20%OFF販売中



category: blog news

先日オーバホールをしました分数バイオリンは完成しました!

2017年01月29日

先日バスバを取替しだ分数バイオリンは完成しました、音は分数楽器に思わないぐらいの音がします。楽器の販売ページにも掲載しています。


category: blog news

分数バイオリン1/2の音梁(バスバ)取替

2017年01月26日

20年ぐらい前のドイツ量産バイオリン材料が良かったので、板の厚みも厚くて表裏板厚みを調整して、バスバも新しく替えました。

けして値段の高い楽器じゃないですけど、子ともバイオリンの練習が楽しくなると思います。興味のある方の連絡お待ちしております。
他に3/4のバイオリンと1/4バイオリンもあります。

category: blog news

今週の仕事”ネックのリセット

2017年01月21日

1920年代のイタリアのバイオリンですが、ネックと本体の継ぎ目はかなり空いてる状態取れてしまっだ。今回の楽器は裏板ボタンのところもきれいにとれたのて、逆に良かった。
たまに裏板ボタンのとこらだけ強くついてって、ボタンは折れてしまう時はよくあります。そうなるとかなり大変な仕事になる。
この様な楽器がネックは取れてなくても、演奏する時雑音がします。長い間雑音がなおらなくて困っている方々一度お通ている楽器屋に相談することがお勧めします。


category: blog news

販売楽器掲載の知らせ!

2017年01月15日

楽器・弓・オプション販売ページに写真を掲載しました。

http://liuteria-geng.jp/sales/index

category: blog news

新春楽器展の知らせ

2017年01月03日

2017年1月4日(水)から1月15日(日)まで (1月7日土曜日16:00まで)

 「新春楽器展」を開催いたします!

新年の神気まとう私が丹念に調整した楽器と共に
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

(期間中楽器の無料点検をしております。)

category: blog news

工房を引っ越しました!

2016年08月02日

この度弦楽器工房リュウテリアガンは302号室から

同じマンションの203号室に引っ越しをしました。
今までは共有の階段から3階まで上がってきていただきましたが
これからはローソン横の専用の外階段から直接工房にお越しいただけます。
角部屋で今までより明るく広くなったので、より一層仕事もはかどりそうです。
新しくなった工房に皆さんぜひ遊びに来てください。

category: blog news

新作ヴァイオリンが完成しました!

2016年04月26日


来月5月5日より関西弦楽器製作者協会の展示会に出展する予定の新作ヴァイオリンが完成しました。
モデルはGuarneri Del Gesu 1737年製"King Josep"モデルです。
展示会にはヴァイオリン1台、ヴィオラ1台を展示いたします。

展示会詳細は以下リンクをご覧ください。
http://www.kansai-violinmakers.jp/topics/8th_exhibition2016.html

category: blog news

関西弦楽器製作者協会 展示会に向けて

2016年01月26日

関西弦楽器製作者協会 展示会に向けて ,420cm大きめのヴィオラを一台製作中です。ヴィオラをお探しの方はもちろん、ご興味のある方はぜひ工房にいらして下さい。展示会の詳細については詳しく決まり次第お知らせいたします。

category: blog

弦を交換するタイミングは

2015年09月12日

バイオリンの弦は張ったままにしておくとやがてへたってしまい、音色が悪くなってしまいます。良い音色のためには定期的な弦の交換は欠かせません。いつどのように弦を交換するべきなのか、ここで課程を追って行こうと思います。


▼交換するとどんな良いことがあるの?

バイオリンの弦を交換したときの最大のメリットはやはり、バイオリンの音色がよくなります。最悪切れなければ使用できるのですが、弦は日々劣化しており、古くなればなるほど音程がとりづらくなり、音色から艶も失われてしまいます。その変化が使用に耐えなくなった時が寿命ですので、張り替えの時期になります。
張り替えてから一週間ほどで張力バランスが落ち着き、楽器が持っている本来の音質、音色、音の艶などを表現できるといわれています。
そのため、もしも発表会やコンサートに合わせてよりよい音色で演奏したい場合は、直前に張り替えるのではなく、発表会やコンサートの一週間ほど前を目安に張り替えを行うと、当日に良い音色で演奏できると思われます。

▼こんな症状が出たら変えたほうが良いかも!

先ほども少し触れましたが、バイオリンの音色の劣化が一番感じやすい症状かと思います。
あとは弦の外見上の劣化と弦の伸びですが、伸びに関しては見ただけではいまいちわからないのですが、使用するにつれて伸びてくると、ペグの角度が変わってきてチューニングするのに巻きにくくなることもありますが、一度なったからと言ってすぐ張り替えるわけでもないのでこの症状は少しだけ覚えておいていただけたらいいかもしれません。
やはり、交換する、ほとんどの場合は伸びが要因とです。のびると音が丸くなったり、こもったりしてしまいます。ですので、やはり音色や音質、音から艶がなくこもった音がすると感じられたら交換時期だと思っていただいた方がいいかと思います。


▼交換するときに注意すべきことは?

一本だけ切れてしまってもバイオリン全体の音のバランスが崩れないように、なるべくすべての弦を交換してください。もしもまだ全体的に張り替えて日がたっていなければ、切れてしまった一本だけ張り替えても大丈夫です。
では張り替えようとなった時に注意することは、すべてを一度に外してはいけません。駒を倒さないよう、また魂柱が倒れ無いようにするため、一本ずつ張り替えてください。ボディ内部にある魂柱は接着されているわけではなくただ挟まっているだけで、普段は4線の圧力によって固定されていますが、すべて外してしまうと、位置がずれてしまう可能性があります。とはいえ、神経質になる必要はなく、一本ずつ張り替えるようにしておけば大丈夫です。
あとは駒が正常な位置からずれないようにすることと、ゆるんだ拍子に弦が顔にあたってしまうこともあるので、顔をあまり近づけないように気を付けて交換を行ってくださいね。


category: news

お休みのお知らせ

2015年09月12日

9月20日〜9月23日はお休みとなります。

category: blog

ブログを始めました

2015年06月24日

ブログを始めました。

宜しくお願い致します。

category: news

ゴールデンウィーク営業日のお知らせ

2015年04月28日

GW中の営業は下記の通りとさせていただきます。

5月2日〜6日 10時〜19時 通常営業
5月7日〜10日 休業

日、月曜日は本来定休日ですがGW中は営業しております。
よろしくお願いいたします。

category: news

年末年始休業のお知らせ

2014年12月16日

年末は12月29日まで、年始は1月6日から営業しております。 

よろしくお願いいたします。

1

お問い合わせフォーム

▲このページのトップへ戻る